おっさんへのアピールになります

おっさんへのアピールになります

最近の高校生の女の子は、たいへん、よくなっています。関西地区にそれは限ったことかもしれませんが、茶髪をとんと見かけなくなりました。ここまでとは想像もできないくらいです。

 

少し前は、学校に金髪の人がいたりして、「あら」と思うことが多くありました。それなのに、今ではすっかりと落ち着いてしまっているのです。

 

それはとてもうれしいことです。だって、大昔の物資の少ないころと違って、街に行けばどんな服でも手に入れることができるのです。わざわざ、制服のスカートを短くして、大切な太ももをただで、おっさんたちに見せることはないのです。同じクラスメートは、ドキッとするかもしれませんが、人柄や、お顔のかわいらしさが女の子を好きになるポイントで、スカートの長さは全く関係ないからです。スカートの丈が重要なのは、おっさんだけです。

 

なぜなら、おっさんやおばさんになると、中学生は、全員可愛いからです。不細工でもです。自分より、自分が鏡を見るよりも100パーセント美しいのです。若さは美しいということです。だから、同級生のイケメンにアピールしているはずが、実は、おっさんたちへのアピールとなってしまっているのです。危険すぎます。