健康であるために吸収し続けたい情報

わたしは現在28歳の会社員をしている男性です。

 

自分は最近夜がほんとうに寝付けなくなってしまい、朝は時間通りに起床ができなくなっております。その原因は自分がわかっていて、それは中堅社員として仕事も自分の希望有無問わずに難しい仕事を上司に与えられるようになりました。そのプレッシャーなどが自宅でも付きまとっております。

 

それ以外にでも、後輩や先輩、上司などの人間関係があります。このままではいけないと思い、何とか就寝時に自分が寝たいと思ったタイミングにしたかったので、薬局で最近初めて睡眠薬を購入し、服用しました。

 

ドリーミオと呼ばれる市販のサプリです。それは一日2錠までと決まっており、それを守ってしっかり服用しておりました。それで寝付けないことはたしかにマシになりました。

 

睡眠薬の効果を一言でいうのならば、眠くなるというよりは、カプセル型の麻酔薬のようなものを飲んでいる感覚となりました。

 

飲んでいてほんとうにすぐに就寝ができるのですが、十分な睡眠時間をとってはいますが、薬の効きすぎのせいか、仕事中にも強烈な眠気などがきてしまいます。

 

これから、時間をかけて、自分にあった睡眠サプリを探していきたいと思っております。

 

次に気になっているのが休息サポート北の大地の夢しずくです。

 

口コミなどを見ていてもよく眠れると書いてありますので、一度は試してみたいと思います。

続きを読む≫ 2015/10/19 16:40:19

私は重度の不眠症です。

 

一度眠りにつくと朝まで起きることはほとんどないのですが、眠りにつくまでが大変です。入眠困難と言うそうです。いろいろな薬も試してみましたが、すぐ耐性がついてしまったり効きが悪かったり、あまり相性のいいものとは出会えませんでした。

 

十一時に布団に入っても一時、二時まで眠れない。これは普通に寝ている方には想像できないつらさだと思います。

 

自分が今寝ているのか起きているのか、暗闇の中で気が狂いそうになります。

 

私は何とかしようといろいろ調べ、「メラトニン」と言う睡眠サプリに辿り着きました。

 

メラトニンは入眠を助けてくれるサプリです。日中は減少し、夜になるとそろそろ寝る時間だな〜と分泌される物質です。体内時計を調節してくれる大切な物質です。

 

これを私は海外から個人輸入し、試しに飲んでみました。少量から飲んだのでこんなもんかな、やっぱりサプリだな、と思いましたが、量を増やしてみると明らかに効果がありました。

 

あんなに苦痛だったはずの入眠が、いつの間にか眠りについていて、朝を迎える。

 

サプリにここまで効果があるとは思いませんでした。私に合ったのかもしれませんが、入眠困難で悩んでいる方にはぜひ一度試していただきたいサプリです。私はこれでかなり楽になりました。

 

睡眠が安定すると気持ちも安定します。人によって効果のある量が違う、と言うのが少し厄介ですね。

続きを読む≫ 2015/08/29 07:46:29

誕生日を祝われると誰でも嬉しいです。ですが、大人になると、なかなか祝ってもらうことも減ります。誕生日を祝われたいなら、日頃から、いろいろな人の誕生日を祝うことです。お金をかけなくても、たとえメールだけでも、お祝いの言葉をもらうと嬉しいので心がけていきたいです。

 

人生にはいろいろな場面があります。誰でも、生まれ育った地元がありますが、仕事や結婚などで、そこを離れることがあります。ホームか、アウェイか。それぞれの良さがあります。

 

アウェイは、確かに苦しいこともありますが、新しい土地を知ることができて新鮮です。私も、今は地元に近いアウェイなので、しっかり頑張りたいです。

 

私は、いつもスケジュール管理に手帳を使います。手帳にいろいろ記入すると、先の予定も忘れにくいです。

 

今はスマホの時代ですが、手帳を使うのも、スケジュール管理には良いです。いろいろ細かく書き込めるのが良い点です。

 

我が家には、生後8ヶ月の赤ちゃんがいます。今、お座りの練習中です。お座りは、なかなか難しいのですが、お座り練習用クッションを使って練習しています。

 

私は、スーパーマーケットで買い出しするのが好きです。お気に入りのスーパーマーケットは、安いし食材も豊富です。スーパーマーケットによっては、食材の値段も全然違うので、自分のお気に入りのスーパーマーケットを見つけるのはオススメです。

続きを読む≫ 2015/08/29 07:45:29

連日の暑さで日中はツバメのヒナも巣の中でしんどそうで口を開いたままでした。

 

昨日の3時半ごろ娘の部活が終わり迎えに行き、帰るといつものように巣を見上げました。すると1羽巣からズリ落ちてやっと巣にぶら下がっている状態でした。

 

私は落ちるのも時間の問題だと思いました。家に入り落ちてもダメージが少なく済むように、クッションの代わりになる物を探しました。

 

その時外で娘が「落ちちゃた!」と叫び、ヒナを保護しました。「人間が触ると巣に戻しても臭いで親鳥は面倒を見ない。」という話も聞いたことがあります。

 

しかし、暑いところに放置したままでは衰弱し、野良猫にも襲われます。少しでも体力が持つように家の涼しいところに一時退避させました。

 

そろそろ巣に戻そうと学校から帰ってきた息子に頼みましたが、踏み台を置いても手が届きませんでした。

 

近所の背の高いお爺さんに頼もうと行きましたがお風呂に入っていて諦めました。

 

ひとまず主人と連絡を取り早く帰るよう頼みました。帰宅後主人は脚立と空き箱を組み合わせて上り、何とか巣に戻しました。

 

しかし一夜明けた今は5羽いたヒナは4羽しか見当たりません。落ちたヒナはいちばん小さく巣に戻したときはだいぶ弱っていたので死んでしまったのかもしれません。
今日は朝からとても切ない思いをしています。

 

せめて残りの4羽は元気に暑さを乗り切ってほしいです。

続きを読む≫ 2015/08/15 23:58:15

最近の高校生の女の子は、たいへん、よくなっています。関西地区にそれは限ったことかもしれませんが、茶髪をとんと見かけなくなりました。ここまでとは想像もできないくらいです。

 

少し前は、学校に金髪の人がいたりして、「あら」と思うことが多くありました。それなのに、今ではすっかりと落ち着いてしまっているのです。

 

それはとてもうれしいことです。だって、大昔の物資の少ないころと違って、街に行けばどんな服でも手に入れることができるのです。わざわざ、制服のスカートを短くして、大切な太ももをただで、おっさんたちに見せることはないのです。同じクラスメートは、ドキッとするかもしれませんが、人柄や、お顔のかわいらしさが女の子を好きになるポイントで、スカートの長さは全く関係ないからです。スカートの丈が重要なのは、おっさんだけです。

 

なぜなら、おっさんやおばさんになると、中学生は、全員可愛いからです。不細工でもです。自分より、自分が鏡を見るよりも100パーセント美しいのです。若さは美しいということです。だから、同級生のイケメンにアピールしているはずが、実は、おっさんたちへのアピールとなってしまっているのです。危険すぎます。

続きを読む≫ 2015/08/15 23:58:15

母が白内障の手術のために一週間入院しました。

 

30分程の簡単な手術のはずでしたが、目の状態が予想以上に悪く2時間もかかりました。
術後ほとんどの人は痛くないそうですが、母は痛いようで電話したら元気がありませんでした。

 

事前の検査では分からなかったのですが、水晶体を支える糸が切れかかっていて、眼内レンズを目玉の壁に縫い付ける手術となりました。
100人に一人の確率だそうです。

 

入院期間も10日以上に延びました。

 

入院先は自宅から車で40分、電車とバスだと1時間程と遠く、一児の娘がいる妊婦の私にはなかなか行けません。
父が一日おきに行くとのことなので、誰も面会のない日に家族と行きました。

 

手術してから4日経っていたので元気そうに見えましたが、病院にいると気が滅入るようです。
個室なので気を遣わず良いのですが、やはり長すぎる入院生活です。

 

行く前に2歳の娘に「早く元気になってね」と言う練習をさせ、お祖母ちゃんの前できちんと言えました。
母は嬉しそうにしていました。

 

子供はいるだけで元気がもらえると思うので、少しは気分転換になったのではないかと思います。
日曜日で人がほとんどいなかったので、娘は病院の中を散歩したりロビーで駆け回って楽しそうでした。
帰ってからもまた行こうねと言っているので、次回は電車で行ってみようと思います。

続きを読む≫ 2015/08/15 23:57:15

27時間テレビは楽しかったです。バブル世代にはたまりませんでした。若くて自由だったころが懐かしくなりました。

 

最後のほうの、加藤さんの15の夜は、グッときました。尾崎豊さんが人気だったころは、あまりよくは知らなかったのですが、今、じっくりと聞いてみると、渋谷の超お坊ちゃま学校に通われていて、もしかしたら、お金持ちなので、幼稚園から通われていたのでしょうか。小学校からでしょうか。とにかく、皆がうらやむような学校に、長い間、かよわれていたのだと思います。普通の人では体験できないような環境だったのだと思います。みな良家の子女で、裕福で、学校内では、幼馴染的な日常ではなかったのでしょうか。ビルが出てくるところは、大都会だと思います。田舎の高校のそばにビルのみえるところは少ないですから。

 

歌詞の絵が浮かんでくるようです。かっこいいですよね。それと切なさを感じます。

 

歌詞にあるのは、高校時代のころでしょうか。それとも中学時代でしょうか。子供のころは、永遠に続くと感じられたこの中学校や、高校が、一瞬の出来事だったことに気が付くのは、あまりにもすぐに来るのです。人生で6年間は短すぎますよね。でも、それが、一番存在感があったりします。

続きを読む≫ 2015/08/15 23:56:15

足の爪は多少伸びていても、特に生活に支障がないので気にかけない方が多いと思います。また、靴下を履いてしまえば隠れてしまうので、伸ばしっぱなしになりがちです。私も最近まで足の爪に対しては無頓着でしたが、先日の出来事をきっかけに、爪は短くしておいた方が良いと認識するようになりました。

 

そのきっかけとは、いつものように靴下を履こうとした時のこと、やけに履きづらく感じたのです。たまにはこういうこともあるのだろうと、特別気にかける事もなく履き直したのですが、次の日も、その次の日も履きづらく感じるのです。その後も靴下が履きづらい日々が暫く続きました。

 

その日、なにげなく自分の足に目をやると、足の爪がかなり伸びていることに気がつきました。こんなに伸びているのに、自覚症状はまるでないのです。
久しぶりに足の爪を短くカットして、いつも通り靴下を履きました。するとどうでしょう、すんなり靴下を履くことができるではありませんか。爪が靴下に引っ掛かっていたことに気が付かなかった自分に驚いたと同時に、靴下が履きづらかった原因を発見することができたのです。

 

爪は人間にとって大変重要な組織です。爪がないと手や足には力が入らないばかりか、繊細な動きや器用に使うことができません。爪は人類の進化に大きく寄与したと考えられています。それほど重要な組織なのに、私たちはぞんざいに扱い過ぎているのかもしれません。

 

爪を伸ばし過ぎると巻き爪や爪折れの原因になります。爪が伸びていると見栄えも悪いので、短くすることを心掛けていきたいと思います。

続きを読む≫ 2015/08/15 23:54:15

このところ蒸し暑い日が続いており、私たち人間は暑くてぐったりですが、蚊は元気なようで、蚊に悩まされる日が続いてます。

 

今夜も蚊がうるさすぎて、深夜に目が覚めました。

 

なんだかかゆいので、足を見ると、案の定、がっつりかまれていました。かゆさに気づいてしまってからは、かゆくてかゆくて寝られません。

 

とりあえずキンカンで応急処置をしましたが、睡眠の邪魔をされたことに怒り心頭です。

 

先日、あまりに腹がたったので、蚊よけと撃退のためのグッズを2000円近くも買い込み、2,3匹撃退しました。

 

撃退してからは、しばらく落ち着いて寝れていましたが、またこりもせず出現したようです。

 

いったいどこから現れたのか、窓も開けていないのに不思議です。

 

枕元に虫コナーズをおいて万全の対策をとって寝ていたにも関わらず、効果がないのか蚊が強いのか、ぴんぴんと動き回っています。こうなったら殺してやると、キンチョールで撃退しました。キンチョールを噴射したら、さすがにどっかに行ったのか、羽音だけは消えました。
やっぱり、蚊にはキンチョールが効果ありです。まだ夏は始まったばかりなので、まだまだ蚊との戦いは続くのだろうと思うとうんざりです。

 

早く涼しくなることを願うばかりです。

続きを読む≫ 2015/08/11 18:27:11